ブラックでも作れるカードローンは存在するのか!?

借金一般的にブラックリストと呼ばれているようなリストは存在していません。これは信用情報に金融事故があったことが記録され、金融機関の審査に通らなくなった状態のことを指します。一度信用情報に事故情報が残ってしまうと、5~7年程度は記録が消えないため、その間はクレジットカードやカードローンの契約は非常に難しくなります。
しかし実際にはブラックでも作れるカードローンは存在しています。一言にブラックと言ってもさまざまな状況があります。現在は借金が全くなく、健全な財政状態である場合は一部の中堅消費者金融では貸し出しの実績があるのです。大手の消費者金融や銀行ではシステム的に審査が行われるため、契約することは難しいでしょう。対面での取引があるような金融機関の場合、人柄を判断されて契約に至るケースもあります。ブラックと言われている状態でも、債務整理を行っていると契約が難しくなります。どうしてもクレカが欲しいのであれば、確実に契約できる「デビット」タイプのものを選ぶと良いでしょう。デビットでは口座からすぐに引き落としがされるため、使いすぎてしまう心配もありません。デビットはさまざまなブランドが銀行と提携して発行しており、通常のクレジットと同じような感覚で利用することができます。ただ違うのは残高がない状態では利用ができないため、常に口座残高をしっかりと把握して利用する必要があるという点です。信用情報に傷がつくとさまざまなことでデメリットが発生しますので、利用には十分注意が必要です。


コメントは受け付けていません